女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

スペシャルストーリー

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
-->
国産丸ごとストレート果汁
今なら1リットル2本組み1800円送料無料





まりさんがあなたの悩みや質問にこたえます!

電車に乗っていても若い子がうなだれているのを見て、
「大丈夫かしら~。よっぽど声をかけようと思ったんですけどね」
こんなまりさんを知って、
みなさんの悩みにこたえるコーナーをつくろうということになりました。
その名も、"まりの園"。
若い頃の人形のようだったまりさんに血が通っていった過程の、
その一つひとつの体験からおこたえします。
何より、その人柄に触れることで、元気になってください。
乳がんはもちろん人生や恋愛、なんでもおこたえします。



-----------------------------
お名前: 小雪さん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

まりさん、はじめまして。
先日のTBS〔ひるおび〕拝見しました。
疎遠になっていたお父様を、肺がんで亡くされた
看病のお話が胸に響きました。

父が肺がんで余命半年と宣告されました。
本人は気丈に見えますが、精神的に弱い部分があるので、
告知していません。父と母は離婚してます。
母とは交流はありませんが、母も心配しています。
妹は孫を連れてたまに父に会いに来ますが、私は未婚で
ずっと同居している流れもあり、看病は私が行っていますが、
父の女性問題で離婚になったことへの恨みや、微妙な距離感で、
ここ十年はあまり会話もせず、家事は別々でした。
最近父が"苦労かけてごめん"と言ってくれました。
血のつながった親子です。心底憎んではいません。
けれど相変わらず、父との関係はぎくしゃくしています。
きっと私に弱い姿を見せたくないのでしょう。
私は仕事をしながらなので、父の看病は精神的にも肉体的にも
金銭的にもかなりキツイのですが、最期まで看病する覚悟です。
(告知はこのまましないつもりです)

まりさんのように、父が生きている間に深い溝を埋めたいのですが、
どうすればそうなれるのでしょうか?ただ父のそばで看病しながら、
励ますことしか出来ないのでしょうか?

どうぞ助言くださいませ。

-----------------------------------
小雪さんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

ご文章を拝見させていただき、
小雪さんのお父様に対するお気持ち、痛いほど伝わって参りました。

父を見送った経験を持つ娘として、
その頃の事を振り返って見ますと
父の介護を通して多くのことを教えて頂きました。
父とはずっと離れて暮らしていたこともあり
介護当初は、どう接して良いかわからない所から始まりました。
しかし、毎日毎日父と出会って行くうちに、
私の中からいろいろな気持ちが引き出されて行くのを感じました。
そして父には本当に「生まれてきて良かった」
「幸せな人生だった」と思って欲しいと、
ただただ願うようになりました。

また、父の体が少しでも楽になれるように、
父が少しでも喜ぶように......と思って、
手足をさすってあげたり、
ベットのリクライニングの角度をを10分置きに変えてみたり、
口の中はカット綿に消毒用のものを染み込ませて、
ぬぐってあげたりもしました。
父はすごく喜んでくれました。
その喜ぶ姿を見て、私自身が本当に嬉しかったことを
昨日の事のように、ハッキリと覚えています。
そして、父と目に見えない何かが確かに繋がった実感は
今でも私の宝物です。
父との間には葛藤も抱えていた私でしたので、
介護の間も気持ちは行きつ戻りつしたところも
正直ございました。
そのような時は、かつて偶然本屋さんで見つけ、
いつも手元に置いているお気に入りの本、
"新・祈りのみち"に励ましてもらい、
自分を立て直しておりました。
父にも買ってあげたところ、
父は枕元に置いて、(私のいない時に随分読んで)
自分の支えにしていたようです。
ご参考までと思い、お伝えさせていただきます。

お父様との一瞬一瞬を大切に、
悔いのない日々をお過ごしになられますよう、
お祈り申し上げます。

これから寒さ厳しくなりますが、
ご自身のお体も、どうぞおいとい下さいませ。


                  (園 まり)



-----------------------------
お名前: のぞみさん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

まりさん、はじめまして。

年齢を感じさせずいつまでも若々しくいられる秘訣は何でしょうか?

美しさは内面からと言いますが、まりさんのお姿を拝見すると、
まさにそれがぴったり当てはまるような気がします。


-----------------------------------
のぞみさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

のぞみさん。
どうもありがとうございます。恥ずかしい限りですが、
真剣に考えてみました。

何が秘訣かなど、私にも分かりませんが、もしお伝え出来るとしたら、
「今が一番前向きに人生を送っている」からかもしれません。
病気は私に取って、これまでを人生をふりかえるきっかけとなりました。
多くの方々に助けられてきた事実に目が開かれ
恩返ししたい、誰かのために何かをさせて頂きたい......
という思いが湧き出て参りました。
今まで当然のように出会っていた家族、親友たちとも、
そして自分の中ではとても大切にしてきたと思うファンの皆様とも
もう一度会いたい、
もう一度深く出会いたい......と
日に日に強く思うようになり、今日を迎えております。

回答にはなっていないかも知れませんが、のぞみさんの問い合わせを
いただけたことで私はこれまで、何がしたかったのかと
もう一度はっきりさせてもらえました。
質問する側、お答えする側という間柄はなく、このページの中で、
何か響き合えた感覚をも、のぞみさんからいただいたように思います。
心より感謝致します。

これから寒さも急に厳しくなってくるようです。
くれぐれも、お風邪など召されませんように......。

      
                         (園 まり)



-----------------------------
お名前: ミルフィーユさん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

逢いたくて逢いたくて大好きです。
乳がん手術をうけ左の乳房を失いました。
今好意を寄せてくれてる男性がいます。
わたしも好きです。けど、こんな体で
わたしを愛してくれるか不安です。
どうしたらよいのでしょう。

〔お互いバツイチ子供はいません〕


-----------------------------------
ミルフィーユさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

お互いに好き同士なんですね。
うらやましいです。(笑)

本題に入ります。
その方を本当に愛するお気持ちがあれば
どのような結果が出ようとも、
心を開いてお伝えになることを、私は応援します。
勇気が必要かも知れませんが、お互いに大変つらい時期を
過ごされた方であればあるほど、精神的に惹かれ合われる
比重の方が大きいのではないかと思います。
また、それを大切にして欲しいと思っています。

乳がんは、20人に一人の割合だそうです。
私もミルフィーユさんとご一緒に......、ね。
頑張りたいと思っております。

季節の変わり目です。
また術後のお身体です。
本当にお身体、大切においといくださいませ。


               (園 まり)



-----------------------------
お名前: ナオさん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

パートの女性が息子の自慢ばかりしています。

学年でトップ成績だの、水泳大会の写真など
見せられても困ります。

やっぱり旦那(バツイチ)がいないと、そうなって
しまうのでしょうか?

これからも、どうでもいい自慢話を聞き続ける
のは正直ウンザリです。

どうしたらいいのでしょうか?

-----------------------------------
ナオさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

ナオさん。
こんにちは!

文章から、毎日大変そうな様子が感じられます。

その女性の方は、息子さんが本当に生き甲斐なのですね。
また、自慢話の底に、誰にも話せない想いを秘めておられる
方かも知れないなとも、ふと感じました。
みんな自分の話を聞いて欲しいものですよね。

ナオさんも、"今度はわたしの話も聞いてくれる?"と、
趣味の話とか、話題に共通が持てるように、工夫しつつ、
切り替えてみては如何でしょうか?

その中で、思いもかけない深い交流が出来たら、
それは嬉しいものですよね。

急に寒くなりました。
どうぞお身体に気をつけてくださいね。


                  (園 まり)



-----------------------------
お名前: 指一さん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)


私は笑うことが苦手です。

いつも能面みたいと言われます。

小さい頃母親から笑うなと言われてそれが

トラウマになってるのかも。

どうすれば人前で笑えることができますか。


-----------------------------------
指一さんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

指一さん。
実は私も、かつて歌っている時の顔が能面のようだと
言われていた時期があったのですよ。

緊張感がそのように顔に出ていたのだと思います。楽しく
なかったら笑えないですし、そんな時もあると思います。

でも指一さんが、そのことを何とかしたいと思っている
のであれば、私は、「和顔愛語」をおすすめします。
実は、私も心がけたのですが、

「優しい笑顔と温かな言葉、愛ある言葉を伝える」それを
どなたかとお逢いする時には私の大切な指針にしました。

「形から入る」ということもあるのだなあと、この体験を
通しての私の実感です。

はじめは、つくり笑顔のようでなかなか馴染めなかったり
温かな言葉も本心でないように思ったのですが、そのこと
を続けていくうちに私の心の中から、本当に優しい気持ちが
溢れてくるのに驚きました。

今はファンの方にお逢いするのが本当に嬉しく、「和顔愛語」
をしようと心がけずとも、皆様の前に立たせて頂くとありがた
くて、うれして、自然に笑顔になってしまうのです。

指一さんは、お母様に言われた言葉が大きかったのかもしれま
せんが、「どうすれば人前で笑えることができますか?」の
お言葉の中に、お母様の言葉から抜け出した指一さんのお気持ち
を感じました。

「形から入る」ということは、すぐに挑戦できることです。
あきらめなければ、変わることに繋がるのだなと私は思っています。

まだまだ暑さが続きますが、お身体おいといくださいませ。


                        (園 まり)



-----------------------------
お名前: まゆみさん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

4月に乳がんの手術をしました。放射線治療が終わり
現在ホルモン療法で薬を飲んでいます。

放射線のころからだるい、睡眠障害・カリカリしていましたが、
ここのところ手足や顔のむくみもあります。

私は40代後半なので更年期障害かもしれませんが、
乳がんになり苦しみ、それでも主人と子供の支えもあり、
なんとか自分なりに強く生きていこうと生活を送っていたのに、
体調がこうなので自信を無くしています。

まりさんはどのように精神的にも、肉体的にも克服したのでしょうか。
何かアドバイス頂けると有難いです。宜しくお願いします。


-----------------------------------
まゆみさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

まゆみさん。

悩み、すごくよく分かります。
かつてわたくしもそうでした。
更年期症状が強く出ているようでしたら、
漢方薬の処方もあるようですから、
主治医の方に相談されてみたらいかがでしょうか。

また、補助食品としてのサプリメントもいかがなものかと。
わたくしの場合は、むくみの解消もあってウォーキング、
そして岩盤浴が、新陳代謝をよくしてくれました。
身体を温め、デトックスすることがとても体調に影響が
あると実感しています。

また、食べたいものを食べることより、身体によい物、
身体が欲している物を入れようと心がけています。
このところ、野菜や果物を多く摂るようになりました。

ご主人や子供さんへも少しでも早くよくなって、迷惑や
心配をかけたくないというまゆみさんの気持ちが伝わって
参りました。素晴らしいご家族なのですね。

「薄紙を1枚1枚はがすように、少しずつ少しずつよくなってゆく」
状態と根気よくつきあってゆくのが私の病後の時間だったと、
まゆみさんのお問いかけを受けて思い返しております。

同じ病を体験した者としてご一緒に頑張りましょうね!!


                     (園 まり)



-----------------------------
お名前: ユッコさん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

マンモグラフィの、検査を受けることにしました。

「痛い痛い」と聞くのでとっても怖いです。

実際検査時間は何分くらいですか?

初めてですし、胸も大きいし、挟まれたことを想像する

だけで、怖がりの私はとってもとっても恐怖です。


-----------------------------------
ユッコさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

ユッコさん。

マンモは"痛い"という先入観は実は私も抱いていました。

私も胸は大きいのですが、あまり痛さを感じませんでした。

何回やっても同じでしたね。

胸が大きかろうが、小さかろうが、痛さに対する個人差は
あるようですよ。

時間にして、左右検査を受けるので15分から20分ぐらい
だったと思います。

この検査を受けることで、早期発見も可能なのですから少し
ぐらいの痛みは辛抱しましょうね。

この臆病な私でさえ、大丈夫でしたもの。ご安心下さいませ。

緊張はされるかも知れませんが、大切な検査のため、是非頑張ってくださいね。


                                       (園 まり)



-----------------------------
お名前: みほさん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

夫のことで相談です。

夫は歌好きで、小さい時から歌手になるのが夢だったそうです。
今もその夢が捨てられられないらしくて、カラオケ大会に出たり、
会社の慰安会でアマチュアバンドを組んだりしてます。

夫に歌の感想を聞かれて、最初は上手だねと褒めてたんですけど、
正直私の耳にはお世辞でも上手とは言えず・・・・・

最近では、周りにおだてられて、どんどんコスチュームも
ど派手になっています。しまいには、歌手になると言い出して、
ボイススクールにも通ってます。

普段は子供にも、わたしにも優しい夫なので、その夢を奪って
しまうのは可哀想とも思うんですけど、絶対歌手になれる
歌唱力じゃないんです。

40を過ぎて夢を追う夫をどう思いますか?
諦めさせるにはどうしたらよいのででしょうか?


-----------------------------------
みほさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

そうですか。

みほさんが、愛してらっしゃるからこそ悩んでいるわけですし。

でも楽しいご主人ですねー。

ご当人にとっては、唯一の発散が大好きな歌なのでしょう。
年齢関係なく、夢を抱き挑戦されることは何事でも素晴らしい
ことだと思っております。

ただ歌手の世界は、本当に厳しいですよ。ご主人が思われてる
ほど甘くはないですね。

歌手で生計を立てようとされるならば、すごく大変なことに
ならざる得ません。

ご主人も、歌ってらっしゃるところのホームビデオとか、
ご覧になってますか?

客観的にご自分の姿を知ることも良いかも知れませんねー。

みほさんのみらず、プロ歌手を諦めさせるのを協力してもらう
方は他にいらっしゃいますか?

趣味程度であれば、歌われるのは健康にも良いし、羽目を
外さなければ本当に良いことだと思います。


                        (園 まり)



-----------------------------
お名前: びっちー さん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

母が園まりさんの大ファンですので、是非相談にのって下さい。

相談事は、母親のことなんです。
うちの母親は、もう直ぐ70歳になるというのに、凄いヒステリック
でわがままで困っています。

近日の出来事としまして・・・・

母親も高齢ですので病院に行くのですが、いつもタクシーを使って
いるのですが、その日は若い人たちが集まるイベントがあったらしく、
タクシーがかなり混んでいました。それに腹を立てて、
「なんでタクシーが来ないのよ!なんでイベントなんかあるのよ!」
って凄い剣幕で同じ様に待っている人たちが居る中で、大声で怒って
いるんです。ほんとに単なるヒステリーです。

帰りにもタクシーを呼んでいたのですが、運転手が車のつける場所を
勘違いしていまして、私達が待っている場所に、タクシーが来ません
でした。その時もまた、凄い剣幕で怒鳴り散らすんです。

本当に困ります、周りの目もありますし・・・・。
大体この年代の人は、大らかになるモノじゃないですか。
この事はほんの一例です。このようなヒステリーはもう治らないと思い
ますから、こちらが振り回されずに付き合っていく方法は何かありますか?
よろしくお願い致します。


-----------------------------------
びっちーさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

ぴっちーさん。文面を拝見すると、お母さまの病院に付き添われ、
人前でヒステリックになられるお母さまのご様子は、大変お困りでしょうけど、
何かぴっちーさんの愛情も感じられて、微笑ましくなる感じで、
まるで光景が目に浮かぶようです。意外に思われましたか?

私もかつてそんな体験がありました。
父の看病をしていた時。わがままで人を思い通りに動かそうとする父。
なかなか分かり合えませんでしたが、ある時、父の深い気持ちにふれて
涙が出るほどうれしくなりました。

ヒステリックは治らないとおっしゃってますが、私も人生長くやってきて、
何人かのそんな方々が変わってゆく姿を目にしました。
それは父もそうでしたが、持っていきようのないイライラ感や寂しさがあったためです。
少しでも理解しよう、受け止めようとするぴっちーさんの愛情があれば大丈夫です。

きっとお母さまも寂しいのです。お母さまも癒されていくのを待っているのかも知れません。
今は、93歳の母の介護をしてますが、体の不自由さもあって、
"年取ると何もできなくなるのが、寂しく辛いものだ"とよく聞かされてます。
こんな母が切なく、いとおしくなるときもあるんですよねー。
ぴっちーさんも、文面からお母様に対する愛情が本当に伺えますもの。
大変でしょうけど頑張ってくださいね。

暑さ厳しき折、お母さま共々どうかご自愛くださいますよう!
お元気でこの夏を乗り切ってください。


                                       (園 まり)



-----------------------------
お名前: のこ さん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

親友が胃がんを患っています。伴侶もなく支えにしているものも
私から見ると見当たりません。本人は当然ながら頑張っておられるので
「頑張って」と言うのもおかしいと思っています。

絶望の淵に立たされている友人に、どのような言葉をかけ勇気づけて
いったらいいのでしょう?

また、大病をされたにも拘わらず、悲壮感を全く感じさせないで、
年齢より遥かにお若く美しさや精神的強さの秘訣も知りたいです。
不躾な質問となりましたことをお許し下さい。


-----------------------------------
のこさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

親友の方のご病気は、さぞかし心配さてれいることとお察しします。
でも、その友情は、本当に素晴らしいと思いました。

私は、父のがんを看取りました。
告知されてからの父は、人が変わったように、変化してゆきました。
一日一日を大切に惜しむかのように、出会う方々にも接してゆきました。
大病をすることで、今までの自分を振り返り、かえって生き直せるもの
なのかも知れませんね。

その方の状況を思い、どんな小さな事からでも尽くされ、心の交流と、
絆をより深められて、のこさんの悔いも残さないように、関わってあげて
下さいませ。

がんイコール絶望は昔の話です。実は私はその事を、父の看病をしながら、
父から教えてもらったように思います。

今の私は、健康なときより、心と体のケアをしております。心の支えは、
歌うことだったり、色々なことに挑戦したり、人との出会いを大切に、
日々過ごすことでしょうか。そして、普段と変わらずに、皆さんが私を
病人扱いしない事も幸いなんですね。自分自身にもそうして居ります。


                                         (園 まり)



-----------------------------
お名前:さおりん さん
-----------------------------
(園 まりさんへのご質問)

私の父は園 まりさんの大ファンで、実家には逢いたくて
逢いたくてのLPが今もあります。悩みを聞いて下さい。

私、実は過度の対人恐怖症なんです。
30を過ぎて今更何をと思われるかも知れませんが、
人の目が怖いんです。
人からどう思われてるかいつもビクビクしながら
生活しています。
職場でも皆に明るく振舞って気を遣ってしまい、
いい人を演じて、あとで家に帰ってぐったり・・・
これには理由があります。
小学校・中学校といじめに遭ってから本当の自分を
隠すようになりました。
こんな自分をいつも責めてしまい、落ち込んでます。
昔は人が大好きだったのに・・・

こんな私に何か良きアドバイスがあれば教えて下さい。

-----------------------------------
さおりんさんへ 、園まりさんから
-----------------------------------

実は私もそうだったのです。
担任の学校の先生から、よく・・・芸能界に入れたね・・・と
言われた程です。
多分、この業界に入った意味は、それを乗り越えさせてもらえる
環境だったからこそ、今のわたくしがあるのでしょうね。
そんなこと、今しみじみ感じてます。

さおりんさん。
結構ご自分のこと、自己分析されていますよね。
自分の弱さを自覚されるのと、いないのでは、大きく違うと
思うんですよ。
あなただけではありません。
皆、多かれ少なかれ、持っている課題だと思いますよ。
逃げていては何も乗り越えられませんよねー。
ご自分を責め、落ち込む時間を、少なくしてゆきましょう。
勿体ないです。さおりんさんの人生ですもの。
人と対応する時は、相手の目をしっかり見て、聞き上手を
心がけてみることも良いかも知れませんよ。
あなたの人生は、あなただけのものなのですから、自分に
自信を持ちましょう。
ナンバーワンではなくて、あなただけのオンリーワンの花を
咲かせゆきましょうよ。

                                    (園 まり)



【これまでの回答一覧】



●まりさんの最新スケジュール情報などは、「園まりオフィシャルサイト」で!
http://sonomari.com/







コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.