女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

キレイをつくる

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
--> 乳がん体験者6人の衝撃のおしゃべりを公開

血液のがんで夭折した歌姫・本田美奈子.さんの生き様

結婚前に体をチェック。今や女性の新常識です




「鉄分生活」のすすめ
監修/姫野友美(ひめのともみクリニック院長)
| 「鉄分生活」のすすめ トップページ |
3.鉄分をとるにはコツがある

鉄分は吸収されにくい栄養素ですが、食材の組み合わせ方や、食べる順番に気をつけることで、吸収率を高めることができます。


ビタミンC食材と組み合わせる

植物性食品に含まれる非ヘム鉄は、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率が高まります。ほうれん草や小松菜、ひじき、大豆食品などを食べるときは、レモンやパセリ、赤ピーマンなどビタミンCを含む野菜や果物と組み合わせてください。


酸味や辛味を加えて吸収率アップ

胃酸の分泌が高まっていると、鉄分吸収が促されます。酢やレモンなどの酸味や、こしょう、唐辛子などのスパイスを生かした味つけにして、胃の働きを刺激することで吸収率を高めましょう。


食物繊維と一緒はNG

食物繊維には鉄分などミネラルの吸収を妨げる働きがあります。特に注意したいのが、玄米や豆類の皮に含まれるフィチン酸という成分。玄米ごはんや豆類は食べすぎないことが大事です。たとえば玄米100%にするのではなく、白米と混ぜるなどするとよいでしょう。
また、食べる順番によっても吸収率の低下を抑えることができます。
最初に肉や魚のタンパク質のおかずを食べ、次に食物繊維を含んだサラダなど副菜を、最後にごはんなど糖質を食べます。おかずを食べながらごはんを食べるのではなく、肉や魚から食べるのが、鉄分を効率的に摂るためには賢い食べ方といえます。

前のページへ 次のページへ






  1.鉄分はタンパク質でとる
  2.鉄分はレバーだけではない
  3.鉄分をとるにはコツがある
  4.おうちで簡単!鉄分補給レシピ
  5.外食するならどっちがオススメ?
  6.コンビニ食でもできる鉄分補給

コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.