女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

キレイをつくる

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
--> 乳がん体験者6人の衝撃のおしゃべりを公開

血液のがんで夭折した歌姫・本田美奈子.さんの生き様

結婚前に体をチェック。今や女性の新常識です




生姜の力はスゴイ!美肌にもダイエットにも効果あり
監修/平柳 要(食品医学研究所所長・医学博士)

●生姜を加熱すると、体を温めるパワーがさらにアップ
◇冷え性の改善、脂肪の分解など、うれしい効能がたくさん!
◇1日の目安は10g。3時間おきにとるのがおすすめ
◇体を温めるには、生姜を加熱してとったほうが有効です
◇ポリフェノールと一緒に生姜をとると、さらに全身ぽかぽか
●生姜は美肌をつくり、ダイエット効果も期待できる
◇生姜の抗酸化作用がシミやシワを予防し美肌をつくります
◇生姜は脂肪を分解する働きをするので、ダイエット効果抜群
◇週に2回、筋トレを加えればさらにダイエット効果大
| 監修:平柳 要 先生プロフィール |
| NEWS:くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効く! 生姜は花粉症の症状も抑えます |
| こだわりの生姜茶と生姜紅茶で、毎日おいしい生姜生活を |

  生姜を加熱すると、体を温めるパワーがさらにアップ
◇1日の目安は10g。3時間おきにとるのがおすすめ

血行促進、冷え性改善、免疫力アップなど、私たちの美と健康に大きな期待がかかる生姜。ではどのくらい食べればよいのでしょう。
1日の目安は10g。これは、ひね生姜の場合、大人の親指の指先から第一関節くらいまでの大きさ。とりすぎると胸やけしたりおなかをこわす場合もあるので、多くても20gを限度にしましょう。
とり方は、料理や薬味、ドリンクなど、どんな方法でもOK。薬味として使う場合は、生姜の香り成分に血管を広げる作用があります。空気に触れて時間がたつと風味が損なわれるので、すりおろした直後に食べるとよいでしょう。
生姜を食べた後、体の温かさは約3時間続きます。エネルギー消費量も、生姜を食べないときよりも多くなります。体の冷えが気になる人やエネルギー消費量を増やしたい人、冬の寒い時期などには、3時間おきにとるのがおすすめです。朝、昼、ティータイム、夕食と、生姜を使った料理やドリンクなどで、おいしくいただきましょう。ただし、胃腸の弱い人や消化器系に炎症のある人は、生姜の刺激によって胃酸が出過ぎて悪化する場合もあるので控えましょう。

前のページへ 次のページへ






●生姜を加熱すると、体を温めるパワーがさらにアップ
◇冷え性の改善、脂肪の分解など、うれしい効能がたくさん!
◇1日の目安は10g。3時間おきにとるのがおすすめ
◇体を温めるには、生姜を加熱してとったほうが有効です
◇ポリフェノールと一緒に生姜をとると、さらに全身ぽかぽか
●生姜は美肌をつくり、ダイエット効果も期待できる
◇生姜の抗酸化作用がシミやシワを予防し美肌をつくります
◇生姜は脂肪を分解する働きをするので、ダイエット効果抜群
◇週に2回、筋トレを加えればさらにダイエット効果大
| 監修:平柳 要 先生プロフィール |
| NEWS:くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効く! 生姜は花粉症の症状も抑えます |
| こだわりの生姜茶と生姜紅茶で、毎日おいしい生姜生活を |

コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.