女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

気になる病気

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
--> 乳がん体験者6人の衝撃のおしゃべりを公開

血液のがんで夭折した歌姫・本田美奈子.さんの生き様

結婚前に体をチェック。今や女性の新常識です




4.乳がん治療の現状を知っておきましょう
監修/中村清吾(昭和大学医学部乳腺外科教授)

| 告知はどのようにされますか? | 乳がんの「クラス」って何ですか? | 「ステージ」って何ですか? |
| 「非浸潤がん」と「浸潤がん」の違いは何ですか? | 治療法はどのように決まるの? |
| どんな治療法があるの? | 病院はどう決めたらいいの? | 乳がんの治療には、いくらかかるの? |
| セカンドオピニオンって何ですか? | セカンドオピニオンはどこで受けられるの? |
| 乳がんの手術を受けたら、傷が残るの? | 乳がんになったら、妊娠や出産はできないの? |

Q.セカンドオピニオンって何ですか?

A.がんの診断や治療法について
  別の医師の意見を聞くことです

セカンドオピニオンとは、文字どおり[2番目の意見」という意味で、乳がんの診断や治療法について、別の医師の意見を聞くことです。その目的は、乳がんの状況を正確に知り、医師から提示された治療法が自分にとって最もよいものであるかどうかを、別の医師の意見を聞いたうえで確認し、納得したうえで実際の治療に進むためのもの。
とくに乳がんの場合、複数の治療法を組み合わされることが多く、また治療法の選択肢も決してひとつではありません。がんの状況によっては選べない場合もありますが、乳房を温存するか、全摘して再建するかという問題に代表されるような、本人が決断しなければならない場面もあります。
まずは、セカンドオピニオンをとる目的をはっきりさせましょう。診断に疑問があるため確認したい、別の治療法について知りたい、病院を変えたいなど、目的によって、セカンドオピニオンを受けにいくべき病院や医師の専門分野が違ってくるはずです。
そして、セカンドオピニオンをとりにいく前には担当の医師に依頼して、紹介状、診断の根拠になる画像データ、病理標本などを準備しましょう。


前のページへ 次のページへ






| 告知はどのようにされますか? | 乳がんの「クラス」って何ですか? | 「ステージ」って何ですか? |
| 「非浸潤がん」と「浸潤がん」の違いは何ですか? | 治療法はどのように決まるの? |
| どんな治療法があるの? | 病院はどう決めたらいいの? | 乳がんの治療には、いくらかかるの? |
| セカンドオピニオンって何ですか? | セカンドオピニオンはどこで受けられるの? |
| 乳がんの手術を受けたら、傷が残るの? | 乳がんになったら、妊娠や出産はできないの? |

コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.