女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

気になる病気

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
--> 乳がん体験者6人の衝撃のおしゃべりを公開

血液のがんで夭折した歌姫・本田美奈子.さんの生き様

結婚前に体をチェック。今や女性の新常識です




4.乳がん治療の現状を知っておきましょう
監修/中村清吾(昭和大学医学部乳腺外科教授)

| 告知はどのようにされますか? | 乳がんの「クラス」って何ですか? | 「ステージ」って何ですか? |
| 「非浸潤がん」と「浸潤がん」の違いは何ですか? | 治療法はどのように決まるの? |
| どんな治療法があるの? | 病院はどう決めたらいいの? | 乳がんの治療には、いくらかかるの? |
| セカンドオピニオンって何ですか? | セカンドオピニオンはどこで受けられるの? |
| 乳がんの手術を受けたら、傷が残るの? | 乳がんになったら、妊娠や出産はできないの? |

Q.どんな治療法があるの?

A.外科手術、抗がん剤治療、放射線治療、
  ホルモン療法、などがあります

治療方針を選ぶ際に大切なのは、医師の説明をしっかり聞いてじっくり考えることです。納得のいくまで考えてください。


【外科手術】

乳がんの治療の中で、最も有効だと考えられているのは、外科手術です。がん細胞をすべて取り除くことができれば、完治をめざせるからです。
外科手術の方法には、切除する部分を最小限にとどめ、乳房を温存しながら行う「乳房温存術」と、胸筋を残しながら乳房をすべて切除する「乳房切除術(全摘)」があります。
乳房温存術は、しこりが3cm以下の場合に適用され、がんを部分的に切除することで、乳房を残します。ただし、切り取った乳房の断片にがん細胞が見つかった場合、再手術によって追加切除をしなければならないケースもあります。また、乳房温存術では、手術後に放射線治療を組み合わせることが標準とされています。
乳房切除術というのは、がんが広がっており、温存できない場合に行われるもので、胸筋を残して乳房を切除する方法です。乳房切除術のメリットは、温存術に比べてがんを取り除きやすく、また、再建手術とセットで行うことで美しい乳房を取り戻すことができることです。

【放射線治療】

放射線治療は、乳房温存術を受けた人すべてと、リンパ節転移がある場合やしこりが大きかった場合に組み合わされる治療法です。それぞれ残っているかもしれないがん細胞に放射線を照射することで、がん細胞を死滅させます。
放射線治療では、正常な細胞へのダメージを最小限に抑えるため、低グレイの放射線を毎日少しずつ当てていきます。そのため、一回の治療で放射線を照射する時間は短いですが、週5日間で5~6週間のスケジュールで行われ、治療期間中は毎日病院に通う必要があります。副作用はわりあい軽く、皮膚の赤みやただれが出たり、疲れやすくなったりすることがあるようです。
放射線治療も日々進歩しており、昔は照射する範囲が広いコバルト照射が主流でしたが、現在では、腫瘍に合わせてピンポイントで照射できるリニアックが主流となっており、患者さん一人ひとりのがんの状態に合わせた放射線の照射ができるようになっています。 また、針を埋め込んで、乳がんの部位に直接、放射線の出る物質を差し込んで治療する「小線源治療」も注目されています。

【抗がん剤治療】

乳がんの治療において、抗がん剤治療は、主に手術後の再発予防のための補助療法として行われます。転移がある場合はとくに、全身に広がっているかもしれない目に見えないがんをたたくことが目的です。
また、標準治療ではありませんが、しこりが大きくて乳房温存術ができない場合、しこりを小さくするために、手術前に抗がん剤治療を行うこともあります。 知っておきたいのは、抗がん剤治療には、抜け毛や吐き気などの強い副作用があるということ。また、再発予防という意味では、効果の有無は数年後にしか分からず、抗がん剤治療を受けたからといって、再発しないとは言い切れません。実際のところ、抗がん剤は3割効けば奏効を示したと考えられる世界です。さらに抗がん剤は、使い続けていくうちに耐性も出てきます。
現在、患者さん個人にとって、その抗がん剤治療が有効かどうかが事前に分かる遺伝子検査の臨床化が進められているので、期待したいところです。 いずれにしても、腫瘍内科の医師とよく相談し、メリット、デメリットを理解したうえで、治療に進みましょう。

【ホルモン療法】

乳がんの発生には、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが深くかかわっていますが、エストロゲンの働きを抑えるために、ホルモン療法が行われます。がん細胞はエストロゲンを取り込むことで増殖していきますが、抗エストロゲン剤などの薬を投与することで、がん細胞とエストロゲンとの結合を防ぐのです。
ホルモン療法が行われるのは、ホルモン受容体が陽性の人(=ホルモンに対する感受性がある人)に限られます。
ホルモン療法は薬を服用すればよく、治療の負担はありませんが、めまいや吐き気、ほてりなど、更年期症状のような副作用があります。しかも、たとえば5年などというように、長期にわたって治療を続けていかなければならないので、副作用の症状が出たら、遠慮なく医師に相談するようにしましょう。

【分子標的薬】

分子標的薬とは、がん細胞の増殖にかかわる遺伝子やタンパクだけに作用する画期的な薬です。乳がんのがん細胞の表面には、HER2タンパクと呼ばれるものがあり、がん細胞を増殖させているのですが、分子標的薬はHER2タンパクの働きを抑えます。
分子標的薬による治療は、がん細胞の病理検査の結果、HER2タンパクが陽性の人(がん細胞の表面に、HER2タンパクがたくさん発現している人)に適用となります。
現在では、ハーセプチン(商品名)に続いてタイケルブ(商品名)も登場しており、いずれも再発・進行がんの治療薬として認可されています。ハ―セプチンは術後再発予防でも認められています。
副作用は軽いとされますが、肺や心臓への影響が報告されています。

【乳房再建】

かつては乳がんを治すことが第一で、乳房の形については二の次に考えられていました。しかし、乳房再建の技術が格段に進歩している現在、乳がんを美しく治そうと考える患者さんが増えています。
乳房再建とは、手術によってふくらみがなくなった乳房に、人工のシリコンを挿入したり、患者本人の腹部などの組織を移植するなどして、乳房を元のような形に整えます。乳がんの手術は乳腺外科医が行いますが、乳房再建は形成外科医が行います。
乳がんの手術時に同時に再建手術をすることを「同時再建」といい、数か月後に再建手術を行う「二期再建」も可能です。乳房だけではなく、乳頭再建、乳輪再建も可能です。乳輪再建には、自分の皮膚の組織を移植する方法と、タトゥーを入れる方法があります。 ちなみに、人工物を使った同時再建手術を行う場合、乳がんの手術も合わせて保険適用外になります。また、乳輪に入れるタトゥーも保険適用外です。

【その他~~内視鏡手術・ラジオ波治療~~】

乳がんの治療には、標準治療ではありませんが、「内視鏡手術」や「ラジオ波治療」などの治療法も、切らずに治すことができるということで、注目を集めています。 「内視鏡手術」は、乳輪の縁または脇の下から内視鏡を入れ、モニターで乳がんの画像を見ながら、電気メスでがんを取り除く手術です。傷口が小さくてすみ、体への負担が小さいことが最大のメリットです。
「ラジオ波治療」は、エコー(超音波)などの画像でがんの部位を確認しながら電極針を刺し、高周波でがんを焼くという治療法です。がん細胞を残さないように、腫瘍よりも大きめに焼かなければならないため、しこりになって限局しているがんには向いていますが、広がっていたり点在しているがんには向きません。切らずに治すことができ、入院期間も短いのが特徴です。
ただしこれらの治療法は、行っている病院も少ないうえに、まだ臨床試験中のことが多いため、標準治療に比べてリスクが高い場合があることを考慮する必要があります。

[コラム] よく耳にする標準治療って何のことですか?
標準治療とは、現在、最も治療の効果が高いと、医師の間で認められている治療法のことをいいます。ですから、標準治療であれば、全国どこへ行っても同じ治療が受けられると言い換えることができます。つまり、平均ということであり、「標準治療以外の治療法はない」とか、「標準治療以外の治療はできない」ということではないことを知っておきましょう。
ちなみに、日本乳癌学会がまとめている「乳がんガイドライン」には、標準治療はもちろん、そのほかにも多くの治療法が、その信頼度や有効性を示す根拠とともに紹介されています。


前のページへ 次のページへ






| 告知はどのようにされますか? | 乳がんの「クラス」って何ですか? | 「ステージ」って何ですか? |
| 「非浸潤がん」と「浸潤がん」の違いは何ですか? | 治療法はどのように決まるの? |
| どんな治療法があるの? | 病院はどう決めたらいいの? | 乳がんの治療には、いくらかかるの? |
| セカンドオピニオンって何ですか? | セカンドオピニオンはどこで受けられるの? |
| 乳がんの手術を受けたら、傷が残るの? | 乳がんになったら、妊娠や出産はできないの? |

コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.