女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

気になる病気

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
--> 乳がん体験者6人の衝撃のおしゃべりを公開

血液のがんで夭折した歌姫・本田美奈子.さんの生き様

結婚前に体をチェック。今や女性の新常識です




4.乳がん治療の現状を知っておきましょう
監修/中村清吾(昭和大学医学部乳腺外科教授)

| 告知はどのようにされますか? | 乳がんの「クラス」って何ですか? | 「ステージ」って何ですか? |
| 「非浸潤がん」と「浸潤がん」の違いは何ですか? | 治療法はどのように決まるの? |
| どんな治療法があるの? | 病院はどう決めたらいいの? | 乳がんの治療には、いくらかかるの? |
| セカンドオピニオンって何ですか? | セカンドオピニオンはどこで受けられるの? |
| 乳がんの手術を受けたら、傷が残るの? | 乳がんになったら、妊娠や出産はできないの? |

Q.治療法はどのように決まるの?

A.乳がんの大きさや広がりをもとに決められ、
  複数の治療法の組み合わせで行われます

乳がんの治療は、現在、手術を中心に考えられており、さまざまな検査の結果で分かった乳がんの大きさや広がりをもとに、まずは手術の範囲や方法が決められます。最も重要なことは、手術によってがん細胞をすべて取り除くことです。
しかし、乳がんというのは乳管の中で発生して乳管に沿って広がっていくことからもわかるように、がんの中でも転移しやすい特徴があると考えられています。そのため、抗がん剤治療や放射線治療、ホルモン療法などを、補助療法として組み合わせていくことが多く、治療法はひとつではありません。
組み合わせる治療法を決める際に重要なのが、リンパ節転移の有無やがん細胞の性質などの情報です。
リンパ節転移の有無は、手術と同時に行われるセンチネルリンパ節生検*1やリンパ節郭清(かくせい)*2によって分かり、抗がん剤治療や放射線治療が必要かどうかを判断する材料になります。
がん細胞の性質は、手術によって切除したがん細胞の病理検査によって明らかにされます。とくに、がん細胞の性質は、がんの悪性度(グレード)、ホルモン受容体*3、HER2(ハ‐ツー)受容体*4について調べることで分かり、薬物治療のなかでも何が適しているのかを判断する手立てとなります。

●治療法を決めるために必要な情報

情報の内容 決まること
がんの進行度に関すること ●しこりの大きさ
●がんのひろがり方
●がんの位置
●がんの数
●リンパ節への転移の有無
●ほかの臓器への転移の有無
治療方針
手術法
がんの性格に関すること ●がんの悪性度
●ホルモン受容体
●HER2受容体
薬物療法を行うか、
どの薬を使うか

※がんの性格に関することは術後の病理診断で詳しく調べます。

*1 センチネルリンパ節生検・・・センチネルリンパ節とは、がん細胞がリンパ液にのって最初に到達するリンパ節です。乳がん細胞のほとんどはセンチネルリンパ節を経由して、他のわきの下のリンパ節に転移します。センチネルリンパ節生検はここにがん細胞があるかどうかを調べるものです。
*2 リンパ節郭清・・・転移の可能性が考えられる、しこりがある側のわきの下のリンパ節を切除すること。
*3 ホルモン受容体・・・乳がんは、女性ホルモンの受け皿(受容体)をもち、この受容体を介してがん細胞が増殖します。これを防ぐためにホルモン療法剤を使用します。ホルモン受容体の有無を検査することで、ホルモン療法を行うかどうかが決まります。
*4 HER2受容体・・・HER2とはがん細胞の増殖に関係のあるタンパク質で、この検査をすることで、再発のリスクを判定したり、分子標的薬を用いた治療を行うかどうかを判断します。

●手術後の治療法


[コラム] リンパ節郭清(リンパせつかくせい)とセンチネルリンパ節生検
リンパ節郭清とは、脇の下の脂肪組織の中にあるリンパ節を脂肪ごと切除し、リンパ節転移の有無を調べる検査法のことです。転移があった場合には、切除することで治療を兼ねたことになりますが、転移がなかった場合には、検査のための無駄な手術を行ったことになります。ちなみに、リンパ節郭清をすると、リンパ浮腫と呼ばれるむくみがおこり、腕が上がらなくなるなどの後遺症に悩まされるケースが多く見られました。
しかし現在では、手術中に行われるセンチネルリンパ節生検が主流になり、無駄なリンパ節郭清を行わなくてもすむようになりました。センチネルリンパ節とは、がん細胞が最初に流れ着くと予想されるリンパ節のことで、ここに転移があるかどうかを見ることで、他の部位への転移の有無を調べようというものです。
このセンチネルリンパ節生検によって、リンパ節をごっそり切除する必要がなくなりました。ただし、センチネルリンパ節にがん細胞が見つかった場合は、リンパ節郭清を行います。通常、手術の際に同時に行いますが、事前にできる場合もあります。


前のページへ 次のページへ






| 告知はどのようにされますか? | 乳がんの「クラス」って何ですか? | 「ステージ」って何ですか? |
| 「非浸潤がん」と「浸潤がん」の違いは何ですか? | 治療法はどのように決まるの? |
| どんな治療法があるの? | 病院はどう決めたらいいの? | 乳がんの治療には、いくらかかるの? |
| セカンドオピニオンって何ですか? | セカンドオピニオンはどこで受けられるの? |
| 乳がんの手術を受けたら、傷が残るの? | 乳がんになったら、妊娠や出産はできないの? |

コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.