女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

気になる病気

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
--> 乳がん体験者6人の衝撃のおしゃべりを公開

血液のがんで夭折した歌姫・本田美奈子.さんの生き様

結婚前に体をチェック。今や女性の新常識です




名医に聞く

中村清吾先生 昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長

| 中村清吾先生プロフィール |
| 20人に1人が乳がん。女性ホルモンが関係/欧米の乳がん状況の後を追っている日本 |
| 肥満は乳がんの大きな要因/子供がいない、高学歴も乳がんリスクを高める |
| 親族に乳がん患者がいる場合は遺伝的要素が高い/乳がんのリスクは検診によってカバーできる |
| マンモグラフィ検査はすべての女性に適しているわけではない/検診は年齢と自分のリスクを考えて受けること |
| 聖路加国際病院ブレストセンター情報~いち早く「チーム医療」を実現 |

20人に1人が乳がん。女性ホルモンが関係

最近、日本で右肩上がりに増えているがんのひとつに乳がんがあります。
かつては25~30人に1人が乳がんになるといわれていましたが、今や20人に1人が乳がんになっています。死亡率もこの20年間で急増し、今では毎年4万人以上の人が乳がんと診断され、1万人以上の人が乳がんで命を落としています。
発症する年代にも変化が見られるようになりました。もともと乳がんは、40代後半にゆるやかな発症のピークを迎え、閉経後は徐々に少なくなっていく傾向にありました。ところが最近は、ピークの40代だけでなく、30代の若い女性や、50代以降の閉経後の女性の罹患率も増えています。
乳がんは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの過剰分泌が関係しているといわれます。このホルモンは月経(生理)に関与して分泌されるものなので、一番長くこのホルモンの分泌を重ねている閉経前の女性の罹患率が多く、閉経とともに減少していくのは、理にかなっていたわけです。
ところが今や、そうでない世代の女性にも乳がんが増えています。これは、どういうことなのでしょうか。


欧米の乳がん状況の後を追っている日本

もともと日本の女性は、欧米にくらべて乳がんになりにくいと考えられていました。実際、現在のアメリカの罹患率は6~7人に1人ですから、日本はその3分の1程度です。
アメリカでは、マンモグラフィを用いた乳がん検診の普及や新薬の開発などによって、死亡率は1990年代から、罹患率も2003年から減少しています。
それにひきかえ日本は、罹患率も死亡率も増え続け、40代だけでなく30代や閉経後の世代にも多くなってきました。そしてこの状況は、アメリカの後を追うような形となっているのです。
20人に1人という日本女性の現在の罹患率は、1940年代のアメリカ女性の罹患率の数字とほぼ同じで、このままでいけばアメリカよりも早いペースで現在のアメリカ並みに上がるのではと指摘されています。実際、この20年間での日本の乳がん患者の急増ぶりは驚くほどです。
またアメリカでは、高齢になるほど増加する傾向があり、アメリカの乳がん発症年齢のピークは60代後半です。日本でも最近では徐々にそうした傾向を示すようになっています。
ハワイやロスへ移住した日系人の罹患率を見ると、アメリカ人並みにはねあがっていますし、閉経後の乳がん患者も多い状況です。罹患率の差は、人種差ではなかったということです。では、この差は何か――。 かつての日本と今の日本で一番違っているものは何でしょうか?
考えられる一番の要因は、女性をとりまく生活環境の変化です。

前のページへ 次のページへ






| 中村清吾先生プロフィール |
| 20人に1人が乳がん。女性ホルモンが関係/欧米の乳がん状況の後を追っている日本 |
| 肥満は乳がんの大きな要因/子供がいない、高学歴も乳がんリスクを高める |
| 親族に乳がん患者がいる場合は遺伝的要素が高い/乳がんのリスクは検診によってカバーできる |
| マンモグラフィ検査はすべての女性に適しているわけではない/検診は年齢と自分のリスクを考えて受けること |
| 聖路加国際病院ブレストセンター情報~いち早く「チーム医療」を実現 |

コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.