女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

スペシャルストーリー

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
-->
国産丸ごとストレート果汁
今なら1リットル2本組み1800円送料無料



  第3章 どうやって、自分に負けない気持ちをもつか。

その4.自分の命は自分で守る。だから、定期検診を受けて。

そして若い人へ・・・・・・。
"自分の命は自分で守る"という思いを大切に。


「今回、身につまされたのは、私のような乳がんでは、早期の場合は触診ではみつからなかったことです。
よく自身での触診を勧められますが、あまりあてにならないということです。逆に、触診で確認できるようになってからでは手遅れになる可能性が強いのです。ですから、女性ならば定期健診を必ず受けましょう。

早期であればあるほど、なんの心配もいらないことがはっきりしたのですからね。特に若い人は進行が早いことを肝に銘じてください。自分の命は自分で守る以外にありません。命の問題は、誰でもない。自分が向き合うしかないのですから」

父親の勧めで芸能界に入り、無理やり歌わせられていたのが、園まりさんでした。
でも、現在のコンサート会場には、若い頃の人形のような無表情の園まりさんとは別人のまりさんがいます。今は、心から歌を歌いたいという思いがあり、歌を通じて、一人でも多くの人とつながりたいという思いにあふれています。
年齢をこえ、いくつになっても輝けることを教えてくれる園まりさん。人とつながれる喜びを知った初々しさが、まぶしくて・・・・
そのすべてが、病気がきっかけだったというのです。



【エピソードと語録】
つい最近の出来事で、歌うことの素晴らしさを改めて知ったエピソードを最後に。
そして、記事にできなかったまりさん語録のいくつかをお贈りいたします。


「たとえ声が出なくても、思いは、届く!」 2010年4月 ~検診から2年7カ月~

ホルモン療法の影響で抵抗力が弱まり、風邪をひきやすくなっていたせいか、"3人娘コンサート"の際、突然、声がかすれて出なくなりました。つい最近のことです。
「でも穴をあけるわけにはいきません。"乗り越えなければ"。あるのは責任感のみでした。声はたしかに出ないのです。でも出ないなりに歌いましたし、声が出ない分、懸命に動きました。そんな私の必死の姿が見てとれたのでしょうか...」
"3人娘コンサート"は2時間歌いっぱなしのノンストップですが、歌い終わったときにお客様からの拍手が鳴りやまなかったといいます。
「その拍手のうれしかったこと。こんなにうれしいことはありませんでした。このとき、たとえ声が充分に出なくても、思いは、届く! 伝わるんだ! そう思えたのです。
これまで歌手は歌を完璧に歌う以外ないとしか考えませんでしたが、それ以外にも伝わるものがあることをお客様に教えられました。

こんな形で試練をのりこえさせてもらい、経験させてもらった私に怖いものはありません。
歌って、すごい! 歌えることの喜びも知り、これから先は、たとえどんなことがあっても歌を離さない。歌を歌いたい!その思いをさらに深めることができました」

まりさん・語録
「がんによって、自分が何を望んでいたのか、自分の願いを思い出させる機会となりました」
「がんになって、むしろ充実できる生きかたもあることを知りました」
「"3人娘"にしても、がん以前より今の方がよっぽど充実しています」
「がんになってからというもの、日々、学習です」
「がんは、生まれ変われるチャンスでもあります」
「病気も授かりもの」

--すべて、あなたへの言葉です。

前のページへ ビキニクリニック トップページへ






第1章 告知が怖くて、検診から逃げちゃいました。
  ●その1.検査結果は、右胸に2センチの腫瘍。
  ●その2.はじまりは、異常"のぼせ"。更年期障害でした。
  ●その3.逃げていた検診を、やっと受診。
  ●その4.手術のあと。それは神聖な気持ちでした。
第2章 怖がりの私が、どうやって試練をこえられたか。
  ●その1.がんの怖さは取り越し苦労。マイナスの想念。
  ●その2.乳がんの治療に伴うリスクとケア。
  ●その3.私がみつけた、運動と健康法。
  ●その4.大事なことは、医師に主張する勇気。
第3章 どうやって自分に負けない気持ちをもつか。 NEW!!
  ●その1.病気には病気の、元気なら元気な人生がある。
  ●その2."3人娘"に告げ、家族に告げ・・・・・・。
  ●その3.「投げない、捨てない、あきらめない」と、つぶやく。
  ●その4.自分の命は自分で守る。だから、定期検診を受けて。
| トップページINDEXへ戻る | 園まりさん プロフィール |
| 園まりさんがあなたの悩みや質問にこたえます! 「まりの園」 |





コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.