女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

スペシャルストーリー

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
-->
国産丸ごとストレート果汁
今なら1リットル2本組み1800円送料無料



  第2章 怖がりの私が、どうやって試練をのりこえられたか。

その3.私がみつけた、運動と健康法。

このようにリスクはでてきても、
そのときどきに対処法を探りだしたのが、まりさん。
それは、心と体のケア・現在の健康法になっています。
自分にあった運動や健康法をみつけることが
大事だといいます。

~岩盤浴~

足のむくみや顔のムーンフェイスで困ったときに、担当医と相談しながら以前から興味を持っていた岩盤浴へ行ってみたところ、汗とともに毒素も流れているようなデドックス効果を感じられて通い始めたのが、きっかけです。園さんには合っていたのでしょう。新陳代謝がよくなり、免疫力を高めるようで、むくみはすっかり解消。1時間半の岩盤浴タイムは、何よりのリフレッシュタイムだそうです。

~ウォーキング~

ホルモン療法を続けると、骨密度が低下して骨がもろくなりやすいのです。年齢的にも心配になってきた骨の老化を防ぐためにも、日光をあびながら、1日1時間30分のウォーキングを日課とするようになりました。近所の公園は緑が豊富でウォーキングには最適。飽きないように、愉しめるように、コースを工夫しているとか。

~サプリメント~

食事にも気を使うようになり、担当医と相談しつつ、毎食、緑黄色野菜をたっぷり食べることを心がけているそうです。それでも足りない分は健康補助食品などで補充。またカルシウムなどのサプリメントについても勉強して積極的に取り入れています。そのせいか、今では疲れがまるで違ってきたとか。「"3人娘コンサート"のツアータイトルは、"ニッポンを元気に"ですから、元気をお届けするのが、役割。元気でなければやっていけません。歌っている本人が疲れていては歌えないのです(笑)」

前のページへ 次のページへ






第1章 告知が怖くて、検診から逃げちゃいました。
  ●その1.検査結果は、右胸に2センチの腫瘍。
  ●その2.はじまりは、異常"のぼせ"。更年期障害でした。
  ●その3.逃げていた検診を、やっと受診。
  ●その4.手術のあと。それは神聖な気持ちでした。
第2章 怖がりの私が、どうやって試練をこえられたか。
  ●その1.がんの怖さは取り越し苦労。マイナスの想念。
  ●その2.乳がんの治療に伴うリスクとケア。
  ●その3.私がみつけた、運動と健康法。
  ●その4.大事なことは、医師に主張する勇気。
第3章 どうやって自分に負けない気持ちをもつか。
  ●その1.病気には病気の、元気なら元気な人生がある。
  ●その2."3人娘"に告げ、家族に告げ・・・・・・。
  ●その3.「投げない、捨てない、あきらめない」と、つぶやく。
  ●その4.自分の命は自分で守る。だから、定期検診を受けて。
| トップページINDEXへ戻る | 園まりさん プロフィール |
| 園まりさんがあなたの悩みや質問にこたえます! 「まりの園」 |





コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.