女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

スペシャルストーリー

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
-->
国産丸ごとストレート果汁
今なら1リットル2本組み1800円送料無料



  第1章 告知が怖くて、検診から逃げちゃいました。

その2.はじまりは、異常な"のぼせ"。更年期障害でした。

2006年冬 地方の歌番組に出演の際、冬だというのに体が異常なほどカーッとのぼせ、"どうしたのだろう"と思い、すぐに大学病院婦人科を受診。更年期障害と診断されます。
治療は、ホルモン補充療法。
ホルモン剤は怖いというイメージを拭えず、シールを貼る治療☆をまりさんは希望。
数ヵ月後。治療効果が出てか、症状は消えたため、治療終了と思っていると、医師からホルモン剤☆を処方され、園さんはしぶしぶ従います。
そのときに医師から「ホルモン補充療法は乳がんのリスクを背負うので」乳がん検診を受けるように勧められます。
☆ホルモン補充療法で使用するエストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンのうち、エストロゲンは、内服、貼り薬、注射などの方法がありますが、プロゲステロンは内服薬のみ。プロゲステロンの服用は乳がんを発症する可能性を増加するといわれます。


翌2007年3月 医師から言われてしかたなく乳がん検診を予約。
ところが当日、テレビの仕事が入ったことを理由に検診は受けずに終わります。

「検診を受けたくなくて、逃げちゃいました」

検診をキャンセルしたのには、理由がありました。
「すでにそのとき、左胸の付け根にチクチクとした痛みがあり、検診を受ければ陽性と出るような気がして怖かったのです」
「そればかりか、父、母ともにがんを患っており、うちは、がん家系。いつ自分ががんになってもおかしくないという恐れがあり、乳がん検診は絶対に受けたくないと思っていました。テレビの仕事が入ったことをいいことに、逃げてしまったんです」

前のページへ 次のページへ






第1章 告知が怖くて、検診から逃げちゃいました。
  ●その1.検査結果は、右胸に2センチの腫瘍。
  ●その2.はじまりは、異常"のぼせ"。更年期障害でした。
  ●その3.逃げていた検診を、やっと受診。
  ●その4.手術のあと。それは神聖な気持ちでした。
第2章 怖がりの私が、どうやって試練をこえられたか。
  ●その1.がんの怖さは取り越し苦労。マイナスの想念。
  ●その2.乳がんの治療に伴うリスクとケア。
  ●その3.私がみつけた、運動と健康法。
  ●その4.大事なことは、医師に主張する勇気。
第3章 どうやって自分に負けない気持ちをもつか。
  ●その1.病気には病気の、元気なら元気な人生がある。
  ●その2."3人娘"に告げ、家族に告げ・・・・・・。
  ●その3.「投げない、捨てない、あきらめない」と、つぶやく。
  ●その4.自分の命は自分で守る。だから、定期検診を受けて。
| トップページINDEXへ戻る | 園まりさん プロフィール |
| 園まりさんがあなたの悩みや質問にこたえます! 「まりの園」 |





コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.