女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

スペシャルストーリー

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
-->
国産丸ごとストレート果汁
今なら1リットル2本組み1800円送料無料


モデルMAIKOさんのスペシャルインタビュー
「乳がん一年生」に寄せられた読者の声



ファッション誌などで活躍するモデルのMAIKOさんは、2009年2月に乳がんで左胸を手術。スペシャルインタビューでは、セカンド・サードオピニオンを受けた手術前の不安や迷い、術後治療による副作用との闘い、日々の暮らしなど、乳がん宣告から現在までの経緯を紹介しています。
スペシャルインタビューはこちら

モデルMAIKOさんのスペシャルインタビューでサイン入り著書プレゼントを実施したところ、実に200名近い方から応募がありました(当選は2名。既に発送済みです)。ありがとうございます。
みなさんお一人お一人からこのスペシャルインタビューに対して丁寧な感想もいただきました。
この感想メールは心打たれるものが多く、感動したり、涙したり、共感したり、なるほどと改めて納得したり、あるいはまた深く考えさせられたりする内容ばかりでした。
「私も乳がんです」「友人が乳がんです」というものが非常に多く、乳がんという病気がこんなにも広がっているんだということを実感もしました。
乳がんは決して他人ごとではなく誰もがかかる可能性があります。だからこそ、経験者の言葉には重みがあります。

この感想メールを多くのユーザーの方にぜひ読んでいただきたいと思います。そして少しでも乳がんという病気に対する理解を深めていただけたら嬉しい限りです。

※ご紹介しているものは200通の中の一部です

【インデックス】
<私も乳がん患者です>
<検査中です、宣告・手術を受けました>
<友人・知人が乳がんです>
<他人ごととは思えません>
<前向きな姿勢に共感、参考になりました>
>>>『モデル MAIKOさん スペシャルインタビュー「乳がん一年生」』はここをクリック




コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.