女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

ブライダルドック



天然竹繊維100%のフェイスタオル
敏感肌の方、赤ちゃんでも安心。静電気が起こりにくいため肌ストレスが非常に少ない素材です。

コットン素材のふんわりタオルパジャマ
術後や入院中の方におすすめ。パイルジャガード素材で着やすい、前あきセパレートパジャマ。

100%テンセルのドレープレイヤード
流行のドレープコーディネートにぴったり。ボーダーと無地のベストアンサンブルを紹介。

フェミニンな秋にはワンピース
ワンピースはイズミリアにお任せ。エレガントワンピースとトレンドチュニックが勢ぞろい。








乳がん体験者6人の衝撃のおしゃべりを公開

血液のがんで夭折した歌姫・本田美奈子.さんの生き様

結婚前に体をチェック。今や女性の新常識です




ブライダルドックって何?

監修/平田雅子(私のクリニック目白 院長・医学博士)
| Q&A一覧へもどる |
Q11.毎年受けたほうがいいの?

A.婦人科検診は毎年が基本ですが、ブライダルドックは数年に一度でOK
ブライダルドックの検査は、特に結婚や妊娠を考えたときに必要な項目が含まれているため、毎年受ける必要はありません。数年に一度、自分が妊娠できる体かどうかチェックするために受けるといいでしょう。パートナーが変わったときや、年齢の区切りとして、25歳とか30歳、35歳などの誕生日に受けるのもいいかもしれません。
ただし、子宮頸がんや乳がんは早期発見のためにも、婦人科検診も乳がん検診もできれば毎年受けましょう。毎年受けておくことで、もし病気が見つかったときも早めに対処することができます。
自治体の検診では子宮頸がん検診は20歳から、乳がん検診は40歳からで、検診の頻度は2年に一度となっているところがほとんどですが、自分の体調をみながら、できれば年に一度の検査をおすすめします。


前のページへ 次のページへ






| Q1.ブライダルドックって何のこと? | Q2.ふつうの婦人科検診とは、どこが違うの? |
| Q3.なぜブライダルドックを受けたほうがいいの? | Q4.何歳でも受けられるの? |
| Q5.生理中でも受けられるの? | Q6.受ける前に、準備することは? |
| Q7.ブライダルドックはどこで受けられるの? | Q8.どんな検査をするの? | Q9.費用はどのくらいかかるの? |
| Q10.検査結果は、いつわかりますか? | Q11.毎年受けたほうがいいの? |
| 平田雅子先生プロフィール/「私のクリニック目白」情報 | Q&A一覧へもどる |


コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから























前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.